造格 - творительный падеж

17/12/2017

基本の変化:*1

男性・中性 – → -ом
女性 -а → -ой

それ以外の語尾
男性 -й・-ь → -ем
中性 -е(ё) → -ем(ём)
女性 -я → -ей
   -ь → -ью

使い方としては、手段や道具。
誰と共に、もしくは職業や属性を表す。
無論、これらの他に多くの使い方があるのですが、初めて習うので。
まずはここから。

造格支配の前置詞(昔の教科書から引用)

с …と共に
反対語は без+生格

Я разговаривал с преподавателем.
Мы жили в комнате с большйми о́кнами.
Студенты слушали лéкцию с интгрéсом.

с の後の単語が2つの硬子音で始まったら、оを付けてсоになります。*3
例:
Со старым другом. (古い友人と)
Со всеми. (みんなと)

人称代名詞я の場合も前置詞 со が使用されます。
例:
Со мной. (私と)

за
場所: …の向こうに、陰に
時間: …の時に

За рекой виден лес.
Лéтом мы жили за городом.
Мы сидéли за столо́м.
За обéдом отéц читал газéту.

над …の上に
Самолёт летит над лéсом.

под  …の下に、近くに
Мы сидéли под деревом.
Лотом мы жили под Москвой.

перед
場所 …の前に
時間 …の前に

Пéред домом растёт большое дёрево.
Пéред уро́ком я разговаривал с преподавателем.

мéжду
場所 …の間に
時間 …の間に
関係 … の間に

Стол стоит мéжду окно́м и кроватью.
Он вернётся мёжду пятью и шестью часами.
Дружба мéжду народами.

造格支配の動詞(глаголы)*2

抜粋になりますが、用途別に。
数多の動詞がありますので、下記の出典ページをご覧ください。

1.道具として
е́сть ло́жкой 「スプーンで食べる」
закле́ить окно́ бума́гой 「紙で窓をふさぐ」

2.手段・材料
запо́лнить за́л молодёжью 「ホールを若者で一杯にする」
напо́лнить бока́лы вино́м 「グラスをワインで一杯にする ⇒ グラスにワインを満たす」

3.状態の原因
боле́ть гри́ппом 「インフルエンザで病んでいる ⇒ インフルエンザにかかっている」
жи́ть наде́ждой 「希望で生きる ⇒ 希望して生きる・希望を生き甲斐とする」

4.感情の原因
му́чить собесе́дника вопро́сами 「相手を質問で悩ます」
ра́довать ма́ть успе́хами 「母親を進歩で喜ばす」

5.打撃の手段
заброса́ть арти́стов цвета́ми 「アーティストに花を投げる」
уда́рить руко́й по столу́ 「手でテーブルをぶっ叩く」

6.その他、行動の手段・道具・材料・方法
завяза́ть га́лстук узло́м 「ネクタイを結ぶ」
плати́ться жи́знью 「生命で支払う ⇒ 生命を失う」
угости́ть друзе́й пирога́ми 「友人をピローグで歓待する」

他にも、目的語や補語になる場合もありますので、記載した例以外は参照ページをご覧ください、

参照ページ
*1
http://sokoloff.jp/text/i-case/
#名詞の造格 творительный падеж|sokoloff.jpさん

*2
http://rossia.web.fc2.com/pc/yazyk/vvedenie/tvoritelny.html
#ロシア語概説:造格さんより

*3
http://roshiago.livedoor.biz/archives/51870955.html
#с+名詞の造格【ロシア語会話講座】さん