カテゴリー
ロシア的何か

画像にすると分かりやすい

東欧の歴史は激動なので、書物を読んでも1回では中々把握できない。
高校時代の世界史でも、現代に近づくにつれ簡略化した内容になってきたように思う。
年度末に差しかかるのがいけないのかもしれないが……。

自らの不勉強さを棚に上げている気もするが、高校卒業後にロシア語に触れ。
いま現在、少しずつロシア語を把握していく中で、東欧の歴史は少しなりとも知っておかなければと思っていた。

そんな時にTwitterで分かりやすい地図を掲載してくださっていたアカウントを見た。
本当に大感謝です。

目で見て、理解できるようにしよう。

カテゴリー
ロシア的何か

南米のハチ公

南米のハチ公の事を寡聞して知らなかった……。

単語:
ночева́ть … 泊まる、夜を過ごす
могила … 墓、塚、塔婆、墳墓
хозя́ина … 主君、当代、あるじ

かなり前からニュースで取り上げられていたらしいのだけど、気がつかずにいた。
渋谷のハチ公の事は、子どもの頃に詳細を読んだ事があったのですが、似たようなお話が地球の裏側にも存在していたなんて。

このワンちゃん自体にも驚いたが、ロシア語でもハチ公は「Хатико」として綴られている事にもびっくり。
忠犬ハチ公はワールドワイドに広がっていたのですね。

ニュースサイトの記事は下記です(まだ読み終わっていませんが…)
life.ruさんのページに遷移します

以前、このアルゼンチンのハチ公(カピタンさん)が話題になっていた時、纏めてくださっていた記事はこちらです。
https://bq-news.com/bq170820a
#【感動】南米の忠犬ハチ公!亡き主人の墓に10年寄り添うシェパード |海外B級ニュース 面白ネタ速報中!!さん 

«Пословица»
別件だけど、この日知った諺を1つ。
SNSのコメントを書いた時に引用したもの

“Без терпенья нет уменья”
継続は力なり

терпéние … 我慢、忍耐
умéние … 才能、能力、知識

カテゴリー
ロシア的何か

バーガーキングが面白い

昨年、ロシアのバーガーキングについての纏め記事を見た事があった。
非常にアグレッシブな広告だと思っていたので、少しだけ気になっていたら、今年もTwitterで紹介されていました。

全ての単語が聞き取れないのがもどかしいのですが、出てきているメンバーが他社のキャラクターということは分かる。
現地には当然KFCやマクドもあるだろうに、紛争が起きたりしないのかが心配になった。
お互い切磋琢磨しているのかも知れませんね。

2017年に私が見たまとめは下記です。

#ロシアのバーガーキングの広告は色々と『やらかしてくれる』らしい「あらゆる国で飛ばしてる」「全力で喧嘩を売っていく」
togetter.comさんより

カテゴリー
ロシア的何か

Масленица в Курильске

Праздники, Новости Курильских островов, Курильск
Проводы зимы, или, по-другому, Масленицу в Курильском районе из-за приближающегося к острову циклона перенесли с воскресенья на субботу. Природа со своей стороны сделала всё, чтобы курильчане смогли справить торжество без помех, и с утра выдала яркий солнечный день с лёгким морозцем. Дело оставалось за артистами из Курильской ЦКС. И лицедеи не подвели.


クリリスクのマースレニツァ
王女への婚約者、円舞と白鳥たち

祝日、クリリスク半島のニュース
日曜から土曜まで、冬を見送る、もしくは、言い方を変えるならクリル地方のマースレニッツァがサイクロンのように半島に近づいた。
我々の国の自然がもたらす全てにおいて、朝から日差しが煌めき寒さも和らいだため、クリルの人々は滞りなく祝う事が出来た。

クリル中央政府(県庁みたいなモノでしょうか?)派遣の俳優達にこの行事は存続されている。そして俳優達は失敗しなかった。

全文は下記のサイトさんからご覧ください。
https://sakhalin.info/news/147162/
#Масленица в Курильске: жених для царевны, хоровод, чучело и лебеди. Алексей Сакунов. 18.02.2018. Новости. Курильск. Сахалин.Инфо


訳してみたのですが、意味が掴めない日本語になってしまった……。
機械翻訳のようになってしまった事を反省しています。

そして、略語(今回は、ЦКС)のような単語を調べるには、ロシア語の辞書サイトを見なければいけないのですが。
辞書を見ても意味が分かり辛いと言う、語彙の貧弱さに打ちのめされています。

単語:
жених … 婚約者
царевны(царевна) … красавица, дочь царя
хоровод … 円舞
чучело … わら人形、でくの坊、はく製
лебеди … 白鳥
Проводы … 歓送、見送り
приближаться … 押し寄せる、迫る、近づく
циклона … サイクロン
перенести … 逢う、移す、持ち運び
справить … 祝う、後を弔う

торжество … 儀式、祝典、挙式
без помех(помеха) … 干渉することなく
выдала … 洩らす、支払う、交付する
яркий … 鮮やかな、派手な、綺羅びやか
оставалось  … とどまる、存続する
ЦКС (централизованный контроль системы)

лицедеи … 俳優、コメディアン
подвести … もたらす、運ぶ

カテゴリー
ロシア的何か

男はみんなろくでなし? - Полоса везения,или все мужики козлы

未知谷さんの本は、亡命ロシア料理しか読んだ事が無かったのですが。
今回、男はみんなろくでなし?という本を読了しました。



内容(「BOOK」データベースより)
仕事の運が向いてきた。熱に浮かされ、ウンウン寝込んでいたら、部屋の中には覚えのない花束が、素敵な男性まであらわれて…これってひょっとして幸運期…!?と、思ったのも束の間、お邪魔虫の姪っ子登場。恋敵にはケンカを売られ、「あいつはお前に相応しくない」なんて兄さんまで言うけれどじゃあ相応しい人ってどこにいるの!?

私も四十路半ばだが、本当に主人公(40歳)の気持ちは良く分かります。
今でこそ再婚して落ち着いているが、それまでは本当に生活が大変だった。
#彼女は×3ですが、私は×2な事由も親近感が高まるポイントだと思う。

婚活をしても、年齢的な理由から嫌な目にあってみたり。
実家の父と似たような年回りの男性からオファーがあったりと、若い頃とは異なった恋愛市場だと痛感したものです。

そして、読んでいて思った事が。
ロシアの現代女性はこんなに頻繁に電話を掛け合うものなのか?と言うことです。

学生時代や子どもの頃はネットもなかったので、しょっちゅう友人達と長電話をしたものですが。
今はメッセージのやり取りばかりになってしまっている。
ロシア人の先生が、「女性は電話好きなもの」と仰っていた事を、読みながら思い出した。

他の方の書評記事にも記載がありましたが。
出典:http://blog.livedoor.jp/catonthemoon/archives/3924936.html
#男はみんなろくでなし?   エカテリーナ・ビリモント : 読んだり 聞いたり しゃべったりさん

「ソ連がロシアになって、品物を手に入れるのはずっと簡単になったのだけど、不思議なことに、人をうちに呼んだり呼ばれたりして、やっと手に入れた食べものを分け合うという習慣がなくなってしまった。」

資本主義は人を孤独にするのだろうか。

この記載は、私もすごく考えさせられた。
私たちも、昔より人付き合いが薄まってきたように思えているから。

ロシア文学と言えば重厚な雰囲気の書籍が多いような気がするが、今回の「男はみんなろくでなし?」のように身近な話題を取り上げてくださっている本も大事だと思った。

また、訳者の織田桂子先生の日本語がすごく読みやすかったです。
今はそうでも無いかも知れないけれど、昔は海外文学の邦訳が読み辛い文章だった事が多くて、何となく遠ざかっていたのだけど。
嬉しい発見となる一冊でした。

カテゴリー
ロシア的何か

404エラーはwebだけじゃない?

webページを見ていると、リンク先が無くなっていることが多々ある。
遷移先のページに、「404 not found」や、「お探しのページは見つかりませんでした」等々、目にされた事が多いかと思う。

今回の平昌オリンピック開催式でのツイートに、国に対しての404の文字を見るとは思わなかった。

単語:
Русня … ウクライナやチェチェンの人々が、ロシア人をこのように呼ぶ事があるようです。口語だと思いました。
позорный … みっともない、屈辱的、情けない
ихтанет … Их там нетのスラング
флаг … 国旗
классический … 古典の
зло … 悪

возвращается … 帰還、帰着、戻る、引き返す、回帰する
твари(複数) … 獣、畜生、生き物

少しの体験談とネットでの知識でしかないが、ウクライナとロシアの関係は難しいらしい。
記事内の「ихтанет」は、はっきりとは意味が掴めていませんが、ロシアの報道官の発言が由来らしいです。
「彼らはそこに居なかった」の意が、様々な意味合いを持っていくのが、ネットでの口語の難しさだと思いました。

カテゴリー
ロシア的何か

どこもかしこも大雪

福井県では大雪の被害が深刻とニュースで読んだ。
北陸のみならず、ヨーロッパでも異様な降雪量らしい。

ロシア・ビヨンドさんの記事によると100年ぶりの大雪との事。
住民の皆さま方は大変なのだと思うが、中には楽しんでいる方々もおられるようです。

https://jp.rbth.com/lifestyle/79673-seiki-no-kosetsu
#世紀の降雪:モスクワっ子たちは白いハルマゲドンをどう生き延びたのか?

激しい降雪と氷雨がこの週末モスクワを襲った。
市政府は100年ぶりの大雪だと発表した。
市内は激しい交通渋滞となり、モスクワ市民は電車や徒歩で職場へと向かったが、なかにはスキーでという人も。

私は温暖な西日本で生まれたので、雪景色は眺める方が好きです。
1月の関東の大雪の時は、ほぼほぼ在宅していました。

記事内の散歩のワンコさん達にも、冬期は敵う気がしません……(;・∀・)

カテゴリー
ロシア的何か

オーケストラ!を観る - 映画でのロシア語

はてなblogで興味深い記事を読んだ。

http://www.gaikokugo-nikki.com/entry/2018/01/29/010704
#「オーケストラ!」 映画鑑賞でロシア語力強化? – 私の外国語挫折日記さん

「オーケストラ!」という邦題(原題は”Le Concert”)のこの映画はロシアとパリが舞台のフランス映画だ。

ソ連時代に交響楽団の指揮者だった主人公が政治的な理由で楽団を追われ、劇場の清掃員として生活していたが、30年後にあるきっかけによりフランスの劇場で公演を行うことになり同じく追放された昔の楽団員たちとともにパリに向かうというストーリー。

私もMacで鑑賞してみました。
映画の概略は上記の引用にも記載されていて、丁寧なご感想も書かれています。

引用外だが、本当にロシア語での会話が多くかった。
そして、分からないながらもレッスンで習った単語(賛成するの意 согласен)等が出てきたり、大変ありがとうのбольшойがボリショイ劇場の名前と同じなので、フランス人には形容詞большойが混同されていたり等々。

ストーリーも面白く、2時間があっという間に過ぎ去っていった。

ソ連の共産時代については、本で読む限りの知識しかないが、ロシア語学習を続けていく上で今以上に知っていかなくてはいけないなぁと思う。
以前、米原万里さんのオリガ・モリソヴナの反語法 (集英社文庫)を読んだ。
こちらは共産時代の収容所生活が関わるお話だった。

機会を見つけて再読しようと思う。

カテゴリー
ロシア的何か

ドンバスの写真

朝日新聞に「朝日新聞GLOBE|世界とつながる日曜版」という関連サイトがあることを知った。

ロシア語を習い始めるまで、ウクライナの状況は殆ど知らなかったので、ロシア語ネィティブの先生方から様々なお話を伺ってびっくりした記憶がある。

http://globe.asahi.com/worldphoto/2018013100003.html
#世界報道写真展から——/がれきの向こうに青空が見えた — 朝日新聞GLOBE

上記のページで見たドンバスの現実が衝撃過ぎて言葉が浮かびませんが。
知らないでいるよりも、確実に知っておいた方がいいと思う。

この地域については詳細なwikiのページもあるので、アドレスも記載します。
https://www.wikiwand.com/ja/%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%B9
#ドンバス – Wikiwandさん

カテゴリー
ロシア的何か

GODNOV Tokyo、来月オープン

来月が楽しみです。

ロシアのモスクワでは知らない人がいないと言われる人気店「GODUNOV(ゴドノフ)」の日本1号店
「GODUNOV Tokyo(ゴドノフ東京)」を2018年3月中旬、丸の内ビルディング5Fにオープンします。

東京駅なら横浜からも行きやすい。
上京する事があれば、食事候補に入れておくとしましょう。
忘れないようにしないといけません。

前述の引用以外の全文は下記のリリース記事をご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000006203.html
#ロシア料理・ロシアンバル「GODNOV Tokyo(ゴドノフ東京」が2018年3月中旬、丸ビル5Fにオープン!|ワールドリカーインポーターズ株式会社のプレスリリース

カテゴリー
ロシア的何か

スターリングラード攻防戦、戦勝記念日

В день 75-летия победы в Сталинградской битве Президент посетил музей-заповедник «Сталинградская битва» на Мамаевом кургане. Глава государства возложил венок к Вечному огню в Зале воинской славы и почтил память погибших минутой молчания.

スターリングラード攻防戦勝利75周年に、大統領はママイの丘にある「スターリングラード勝利」の歴史記念館を訪れた。
国家元首は永遠の炎に花輪を供え、死者に黙祷を捧げた

победа … 勝利
битва … 戦い
Мамаев Курган … ママエフ・クルガン、ママイの丘(地名)

возложить … 供える、任す
венок … 栄冠、花冠、花輪
Вечный огонь … 永遠の炎(Eternal flame)
#wikiの説明が分かりやすかったです。

Зал Воинской славы … ヴォルゴグラードにある勝利記念の建物
память погибших минутой молчания … 死者に黙祷を捧げた

全文はПрезидент Россииさんのサイトをご覧ください。
http://kremlin.ru/events/president/news/56772
#75-летие победы в Сталинградской битве • Президент Россииさん

自国の歴史は少なからず知っているが。
隣国になると社会の授業で習ったはずなのに、すっかり忘れていた自分に残念さを覚えた。

こちらのスターリングラード攻防戦については、下記のブログさんに当時の過酷な状況説明があります。
戦争は経験したくないものです。

一部、「名のもとに生きて」さんから引用させていただきます。

世界大戦において最も苛烈だった独ソ戦。
1941年6月にドイツは不可侵条約を破棄してソ連に侵入し、目を瞠る勢いで電撃戦を繰り広げる。ヒトラーが真っ先に狙ったのはレニングラード。かつてロシア革命が起こり、ボリシェヴィズム展開の心臓になった都市、その名にレーニンを冠した都市。敢えてそれを冒涜するがごとく、モスクワよりも優先してレニングラードを占領しようと意気込むヒトラー

全文は下記のページからご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/geradeaus170718/e/e7f72bfce1b0650b4c20c802a1399215
#レニングラード封鎖 872日を生きる – 「名のもとに生きて」さん

また、動画で字幕付きのドキュメンタリーを観る場合には、Google動画検索で「ドキュメンタリー:独ソ戦」と入力すると、ロシアの会社が作成した当時の状況検証番組が見られます。

カテゴリー
ロシア的何か

動詞の補語としての体

ロシア語には1つの動詞に対して、完了体・不完了体というペアがあり、意味によって使い分けをする。
この体について本1冊が書かれているほど、使い分けの意味合いが奥深いもので、私が完全に会得するまでまだまだまだ時間がかかると思われるが。

それでも入門の教科書から、この動詞の対は習うものであり、有る程度の使い分けを把握しなければならない。
例えば、継続的動作(НСВ)なのか、1回限り(СВ)なのか等々、使い分けのいろはを学んでいるところです。

そんな中、動詞によっては補語となる(要求される)動詞不定形の体が決まっているものもある。
以下、引用させていただくと。

動詞そのものの要求
完了体を要求 : успеть (「時間内に~してしまう」ということだから、必ず完了体)
不完了体を要求
動作の開始・終了など : кончить、начать、перестать、продолжить
動作の能力など : привыкнуть、(уметь)、(учить)、(учиться)

出典:http://rossia.web.fc2.com/sp/yazyk/nachalnyy/d07.html
#ロシア学事始 ≫ ロシア語講座 ≫ 初級 ≫Г07:付随情報の示し方さんより

その他、レッスンでは慣用的にхоте́тьにはсвを使って表現すると教わった。
一例を挙げると、「煙草が吸いたい」は «Я хочу покурить.» の方が自然との事です。
#不完了体はкурить

1つの動詞に使い分けが多すぎるのでは?と思う事も多々あるが………。
言葉は難しいけれど楽しい(時もある)。