カテゴリー
ロシア的何か

似ている言葉は、とても危なく思える

世の中には、似ている言葉がごまんとあると思う。
日本語の「ぬ」と「め」も似ていますし。
同じ漢字でも読みが異なる場合が多いので、私にとっては会話は危険に満ちあふれている。
#最近は難しい漢字の記載もあやふやになりつつあるが……。

冒頭に引用させていただいている投稿は、Twitterで発見しました。
аだけのタイポなのに、英訳が目的よりずれてしまっている…。

初見でロシア語のテキストを読んだ際に、脳が混乱した単語が幾つか私にあり。
вместе(一緒に・共に) / вместо(代わりに・成代わって)や、
почта(郵便局) / почти(ほとんど)、
память(記念・メモリー・女性名詞) / памятник(記念碑) …この2語は関連性が高いと思いますが。

語彙が貧弱なために、почтиについては、例文中に唐突に郵便局が出てくるのは何故なのだろうと思った事がある。
почтаは常に力点はоで、почтиはиに来る事を知っていれば、このダメな理解は避けられたかと思うが、レッスン中にイミフな発言をした事実は取り消せない。

試験関係でケアレスミスをおかしまくり、結構な惨敗記録を作っている自分には、ロシア語は不向きなんじゃないかと思う事があります。