1960年代CIAが1000万ドルかけて開発した「猫スパイ」盗聴器を埋めた猫をソ連大使館の中に放して、会話の中身を盗聴する。最初の猫は任務開始直後に、タクシーに轢かれ亡くなる。ソ連大使館員に猫を渡す方法がなく、計画は中止になった。pi ...

pic.twitter.com/DXaOQVHRtF

— Лепра (@leprasorium) 2017年9月24日

бурочка с маком … 画像検索するとすぐに判明するのだが、ぐる ...

本当によく分ります🐱
猫は大事。

#Чтобы пережить осень нужны
#ruspeach.com – 外国人向けロシア