カテゴリー
ロシア的何か

中国語や漢字は確かに難しい

少しでも言い回しや単語を覚えるために、Twitterでロシア語関連ボットさん達をフォローさせていただいている。
年齢的にもすぐに何でも忘れてしまうので、ごまめの歯ぎしり的に対策を考えていかねばならない。

その一連のTweetの中で、ふと気になるフレーズを見付けた。
冒頭に紹介した門外漢=китайская грамота?です。
ざっくり訳すと「中国語の表現もしくは文書」になるのでしょう。

грамотаを調べてみると、読み書き(の能力)、基礎知識、免(許)状、証(明)書
http://cblle.tufs.ac.jp/dic/ru/index.php
#東京外語大学さんのロシア語辞書より

また、「そんな事は私には唐人の寝言で分からない это для меня китайская грамота.」との辞書に出典もある。
https://warodai.ru/lookup/index.php#грамота
#Японско-русский электронный словарь Warodai(和露大)さんより

更に、下記の記事も発見した。

チンプンカンプンはВсё то, о чём в докладах сказано, для нас – китайская грамота.(報告書の中で言われたことはすべて我が国にとってチンプンカンプンだ)

http://rosianotomo.com/blog-anekdot/archives/2011/10/138.html
#閑話傍題(アネクドートの小部屋): 和文解釈入門 第138回さんより

もう1つ、Twitterより。

すごーく昔にイギリスに1年住んでいた際、寮で働いていたスタッフさんが漢字をなぞって注意書きを書き直してくれた事がありました。
私も不器用なので他人さまの事は言えないが、彼女達が作ってくれた注意書き(漢字多め)は、頑張らないと日本語として読み辛かったと記憶している。
とめ・はね・つくりの位置関係が、漢字を使わない人々にとっては難敵になるのかと思った。

更に漢字は読みが変わり過ぎていて日本人の私も手間に思う事がしばしば。
同じ漢字を使う中国の方々とは筆談で、何となくしか意思疎通ができない事も影響している。
今年まで帆布を思いっきり「ほぬの」(正しくは「はんぷ」です)と読んでいた痛恨の事実を思い出してしまった…orz

カテゴリー
ロシア的何か

映画・「希望の600日」をご飯付きで

Peatixさんで『第5回トルコ発シルクロード・シネマ・トリップ~映画上映会~』というイベントが開催された。
キルギスで2次大戦中に日本人捕虜が収容されていた経緯を描いた映画と、プロフやキルギスご飯を参加者でいただけるという魅力的なイベント!

主人も都内まで随行してくれるとの事で、一緒に観てきました。

ロシア語教室で時折イベントが開催される折りに、キルギスの方やカザフの方がおられ。
少しだけ会話を交わした事があります。
「魚が好きな人は日本へ、お肉が好きな人はキルギスへ」的な言い回しが時々交わされるほど、顔つきも似ていて。
中央アジアの方々には勝手に親近感を感じています。

私が無知なだけかもしれないが、余りキルギスの収容所のお話は耳にしてこなかった所感がある。
ただ、歴史や事実は知っておきたいと思って、「希望の600日」を見に行きましたが、とても勉強になりました。

まず、映画を見て。
その後、映像つきトークショー『映画の中のトルコ』を拝聴。
すごく昔に旅したトルコを思い出しつつ、楽しい時間が過ごせました。
#MI6のジェームズ・ボンドは何時も素敵で(*゚ー゚)

「600 дней веры(ロシア語題)」に付いては画像が無いのですが、事前のプレゼン・ご飯の際に幾つか写真を撮りましたので、載せておきます。



カテゴリー
ロシア的何か

覚書き:オペラの解説

プーシキンの「エフゲニー・オネーギン」は全然読んだ事も無く。
我ながら教養に欠けていると猛省しているのだが。
オペラにもなっている事を先日知った。
#モノシラズにも程があり過ぎると、自分に突っ込みまくったが…💦

時間を見付けて、きちんとこちらのサイトを熟読します。

tsvocalschool.com/classic/onegin/
#『エフゲニー・オネーギン』あらすじと解説(チャイコフスキー)

カテゴリー
ロシア的何か

黒い?青い?ブルーベリーの謎

レッスンでブルーベリーと言う単語が出てきた。
英語ではblueberryと日英1つずつの単語で訳せる。

ところがロシア語では2つあることが判明。
черника と голубикаになるそう。

先生ご自身も何故に2つの単語があるのか、違いは良く分からないと仰った。

ロシア語で検索してみると、詳細な違いが記載されているページを発見!
私は園芸に詳しくないので、このページに書かれているように違いを把握できないだろう……。

見た目の色はもとより、植生や味も異なるようだ。
八百屋さんではголубикаは余り目にしないので、もしかしたら日本では取扱が無いのかも知れない。

ざっくりな訳なので、間違っているかも知れないが。
まずは差違を箇条書きにします。

・голубики
樹高が1.5mくらいまで成長する。
実がчерникиより大きめ。
少し梨の形に果実が似ている。
果実はブルーグレイ色。
果実の味は酸っぱくて水っぽい。

・черники
地べたを這う感じに成長する。
茎や葉っぱは色味が明るい。
葉っぱは玉子の形に似ている。
実は一房ごとに分かれて成る。
果実の色は深い青、もしくはほぼ黒色
果実の味は鮮やかで豊か。

出典:http://profermu.com/sad/yagody/golubika-i-chernika.html
#Голубика и черника: в чем разница, основные отличия, что полезнее
#画像も上記のサイトさんからお借りしてきました。

http://profermu.com/sad/yagody/golubika-i-chernika.html

その他、参考にさせていただいたサイトさま方は下記です。

http://www.franco-japonais.com/tomato/dico_voca/01fruit.php
#マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”さん

https://ameblo.jp/kvartira53/entry-11578080246.html
#ブルーベリーのチーズケーキ чиз-кейк с черникой | Москва, Любовь Мояさん

本当にありがとうございました。

今後は店頭でブルーベリーを見かけたら、青いのか?黒いのか?も見つつ、買い物を励行したい。

カテゴリー
ロシア的何か

«Прямая линия»-『プーチン・ホットライン2019』

ここ数年恒例となっているロシアのプーチン大統領のホットラインが今年も放映されていた。
私も少し観たのだが、いかんせん晩ご飯を作る時間でもあり。
例年同様、全ては見られなかった……orz

私自身が言葉のレスポンスが遅い事も相まって、電話やネットのTV電話に即レスする大統領は非常に賢明な人物に思える。

毎年、ネットの動画配信で試聴しているので、検索結果を覚書き。

https://live.nicovideo.jp/gate/lv320566412
#今年もやります!
#プーチン大統領がロシア国民の質問に直接答える、
#名物番組『プーチン・ホットライン』を日本語同時通訳付きで完全生中継!
#2019年6月の記事です。

また、私は今までの名質問が大好きで(*゚ー゚)
以降、上記のサイトさんからの引用です。
> Q.タイムマシンがあったらどこに行きたいですか。
> A.偉大な先人達がどのように過去の戦争を戦い抜いたのかを見たい。

> Q.大統領は騙されたことはありますか?
> A.私はもし誰かが私を騙そうとしている意図を感じたら、
> なぜ騙そうとしているのかを見極めるようにしている。
> また、私はそのような騙そうとする試みを決して忘れない。

もっと名質問がまとめられているのはこちらのページです。

https://originalnews.nico/29405
#プーチン大統領がロシア国民の質問に回答。「タイムマシンがあったらどこに#行きたいですか?」答えがプーチンらしいと話題に

また、2018年に朝日新聞の駒木記者がアベマTVで「ロシアの流儀」という番組に出演され、この名物番組「プーチン・ホットライン」やクリミアについての解説をしてくださっている。

動画は下記からご覧ください。

https://abema.tv/video/episode/89-49_s0_p8
#4期目がスタートした、ロシアのプーチン大統領。経済が低迷しても、国際社#会で孤立を深めても、高い支持率は衰え知らず。(後略…以降は元サイトにて)

熱心には追いかけられない(情報量多すぎ!)が、可能な限り読む・訳す事を進めていければ良いなぁと思う。

カテゴリー
ロシア的何か

島唄とСимаута

90年代前半にバンド「THE BOOM」の島唄が流行っていた。
あいにく私は音痴なので、カラオケは拍手係として参加する事が多かったのだが、この曲は良く覚えている。

後年、THE BOOMの宮沢さんが沖縄のご出身で無かった事や海外で広くカバーされている記事を目にする事があったのだが、全ての音楽全般に詳しくなかったので、「良い曲だった…」と思う程度の感想だった。

40代に入って時間の余裕が出来たので、趣味関係を再開し。
ロシア語も再び学ぶようになった。
年代的にも低速な進度だが、細々と続けている現在で。

こんな感じでぼんやりした日々を過ごしていたら、本日は「島唄」がロシア語カバーされている事を知った。
日露共通でヒットしたアーラ・ブガチョワの「100万本のバラ(Миллион алых роз)」や「恋のバカンス」については耳にした事があったのだが、THE BOOMも人気だったと驚いた。

覚書きにつベのリンクを。
https://youtu.be/EPR0coDVKOI
#Диана Арбенина “Симаута”

https://youtu.be/btV9KEQzFvE
#Диана Арбенина и Миядзава
#THE BOOMの宮沢さんがロシアに行かれてらっしゃる様子も見られます。

子どもの頃に「蛍の光」の歌や、「七つ星」を暗唱する授業を思い出しました。
馴染みのある事柄が他の国の言語で展開されている事は、素敵な語学の復習になると思います。

カテゴリー
ロシア的何か

お肉と料理用語

料理に関連した単語を調べまくった事がある。
先生か誰かに、日本の献立の作り方を伝えたかったのだと思う。

以下の単語群がその一覧なのだが、日ごろ大雑把にご飯を作っているので、伝える際に改めてレシピを検索した事は良い思い出?です。

炒める жарить
切る резать
注ぐ вливать
入れる вводить
浅蜊 филиппинская ракушка
ひとつまみ щепотка
皮をむく облупите
味付けする приправить
入念に揉む промять
揚げる жарить в масле
ミリメートル миллиметр 略 мм
茹でる варить
笊 решето
料理のボール шарик
沸騰する бурлить
調味料 приправа
漬ける мочить
置く класть
唐揚げ Жареная курица
совсем およそ
擂る мелко рубить; толочь; протирать (овощи).

かけら отрывок
大雑把 грубо / приблизительно
参考のため для использования
かなり довольно
—-

ここで自分が精肉の部位関係のロシア語を知らない事に気がついた。
改めて今後の参考になってくださるページを記載させてください。

【牛肉 говядина】
шея ネック
грудинка/челышко 前胸肉(カルビ・かたバラ)
толстый край(рибай) かたロース
тонкий край リブロース
оковалок サーロイン
вырезка ヒレ
фланк/брюшина 腹肉(ともバラ)
лопатка かた
огузок/бедро しり・もも
пашина バラの一部(カイノミ?)
кострец ランプ(しり肉)
голяшка すね

https://gasaki.exblog.jp/18196064/
#牛肉の話 : (元)ロシア専業主婦 日記さん

こちらのブログに参考資料も掲載されておりましたので、合わせて引用させていただきます。
https://dic.academic.ru/dic.nsf/ruwiki/200450
#Говядина – это… Что такое Говядина?さん

私自身はロシアでの自炊経験は皆無で、旅行のみです。
しかし、前世紀にイギリスにいた時には、そこまでお肉の差違を感じませんでした。
基本的に馬鹿舌な事も影響するかと思いますが、その国々によって感じられる味の違いが分かる淑女になりたいものです。

カテゴリー
ロシア的何か

Пасхаの玉子を作ろう

4月の半ばにロシア人の知人が遊びに来た。
彼のお土産にパスハの玉子を作るフィルム的な飾りを頂いたので、今年は可愛いゆで卵を作った。

варёные яйца
варёные яйца

今の日本人は「復活祭卵」より「イースター・エッグ」の方がわかりやすいかも知れません。
 原書名「パスハリヌィエ・ヤイツァ」の「ヤイツァ」は「卵」の複数形、「~ヌィエ」はロシア語の名詞を形容詞化して、中性名詞複数形を修飾する形にする変化語尾、というわけで問題は「パスハ」という部分で

https://drab.at.webry.info/201110/article_1.html

パスハに使うゆで卵は、「Пасхальные яйца」と称されるようです。
前述のサイトさんに記載がありました。

残念ながら、私には宗教心は皆無なのですが。
自分が学んでいる言語のイベントは少しずつ把握してきたいものです。

昔から言われている事柄は国籍を問わずに好意的に受け止めているからカモです。
何となく、現代にも残っている風習は素敵な感じがします。

カテゴリー
ロシア的何か

日露合作映画は結構存在する

水曜日の先生と「ソローキンの見た桜」を鑑賞していた後、お昼ご飯を一緒に頂いた。

その際、先生が「日本の映画をロシアで見ました!」と仰る。
黒澤監督の「デルス・ウザーラ(Дерсу Узала」は日露合作だったと耳にした事があるので、これなのか?と思ったが異なるとの事。
#リンク先は小野耕世さんの映画解説サイトに遷移します。

話題はずれるが、デルスとは「白い丘」を意味するらしい。
漫画で有名なヤマザキマリさんのblogに出てきていました。
ロシアでの一般的な人名に「デニス」という男性名があるので、その一環かと思い込んでいました……。

でも、これは東シベリアのナナイという民族の名前なので、日本ともイタリアとも関係はありません。ちなみに日本語に訳すると「白い丘」という意味らしいです。

https://moretsu.exblog.jp/5325300/

最初、先生が日本語の狼という言葉が出てこず、「犬」と仰ったので検索は少し手間取りましたが、無事に「オーロラの下で(Под северным сиянием)」と判明。
#リンクはfilmarksさんのレビューページへ移ります。

役所広司さんは90年代から名作に出ていたんだと実感しています。
子どもの頃は時代劇の役者さんだと勝手に思い込んでいた、自らの不明が気恥ずかしいですね…。

カテゴリー
ロシア的何か

ソローキンの桜をジャック&ベティで

ロシア語レッスンのご同輩たちと「ソローキンの見た桜」を観てきた。
原題は”в плену у сакуры”。

水曜日のジャック&ベティは女性は一律1100円で鑑賞できるため、少々込みあっていたが、満員となるほどでも無く。
普通に着席して観る事ができた。

史実に基づいた映画との事で、最初は松山のローカル局作成のドラマだったらしい。
このお話を井上監督が日露合作で映画化されたとのことだった。

多少馴染めない表現(捕虜と看護士のダンスなど)もあったりしたが、最後は泣ける。
明治の時代は、今よりももっと家父長制度が厳しくて女性の人生決定がハードルが高かった事を知っているだけに。
また国際結婚が、都会でも非常に大変だった事も、現代の私たちは重々知っている。

余りに映画の内容を書くものではないので、ざっくりしか書けないが。
再度観てみたい作品でした。

映画の後は日ノ出町駅付近のミーフバーへ。
ここは平日限定ランチが1000円と、嬉しい展開になっている。
主人用にピロシキを2つ買い求め、お土産にした(・∀・)
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14003802/
平日はぼんやり過ごしている事が多いので、非常に有意義な水曜日になった事が嬉しい。

カテゴリー
ロシア的何か

SNSで盛る?盛らない?

時々、ネットの笑える画像を見る事があります。
国内外を問わず、私はほっこり系からクスッと系が大好きで。

ロシア語についても同様に分からない言葉だらけだけど、頑張って眺めるようにしています。
そんな中、https://www.drive2.ru/c/523381554668372405/さんの投稿を見た。
初見で意味が分かるのだが、単語が分からない。

私が見たのは下記の画像です。

https://www.drive2.ru/c/523381554668372405/

в сосцсетяхが分からず、原形のсоц сетьで検索するとSNSの事だと判明。
もっと詳細を記載すると、социальная сетьになるとのことでした。

http://d.hatena.ne.jp/yosikazuf/20141023/p1
#NSで世界めぐり – 質問学さんより

新しい言葉は辞書に載っていない事が多く、Google検索(гуглить/погуглить)した方が良いんだなぁと痛感です。

カテゴリー
ロシア的何か

Мбит/с = Mbps

Twitterで興味深い記事がリツィートされてきた。
中央アジア諸国のネット速度を比較していると言うもの。

若い頃にはスマホやレンタルWi-Fiを用いて国内外への旅行に出るなど、全く想像も付かなかったが、今や回線が繋がるだけでも嬉しい!と思うようになってしまった。

3年前に夫とサハリンを訪ねた際にも、ネット回線は非常に役立った。
彼はレンタルWi-Fi、私のスマホはsimフリーだったので、ロシアでも使えるsimカードを安価で買い求めてから旅立ったと言う経緯もあります。

英語ではある程度の意思疎通が出来るが、ロシア語に至っては全く自信が無かったので、辞書的にも使えるスマホは真面目に有用な存在だったと痛感していて。

近年自分の中で、元気な間に行きたい旅先の1つに中央アジアがある。
その国々の言葉は全然分からないのだが、ある程度のロシア語力をつけてから訪ねてみたい。

https://kaktus.media/doc/387598_v_kakoy_iz_stran_centralnoy_azii_samyy_bystryy_internet.html
#Рейтинг скорости интернета в Центральной Азии

こちらのページは国別に比較表もあって、とても読みやすかったです。

Выше всех в регионе расположился Казахстан – 61-е место со скоростью 31,66 Мбит/с, правда, по сравнению с прошлым месяцем страна опустилась на три позиции. Кыргызстан – 92-е место со скоростью 20,59 Мбит/с, потеряла десять позиций. 

https://kaktus.media/doc/387598_v_kakoy_iz_stran_centralnoy_azii_samyy_bystryy_internet.html

記事自体は上記のような感じです。
全文は引用元をご覧ください。